JOURNALNANAMI's JOURNAL

from MITSUWAYA

ARRW ARRW

お久しぶりです!NANAMIです!

突然ですが、皆さんは海外で生活した事はありますか?

私は大学在学中にアメリカへ約9カ月間留学をしておりました。

海外での生活って毎日良い意味でも悪い意味でも刺激的で面白いんですよね〜!

 

ということで(?)、今回は私の留学時代の思い出話をさせて頂きます!

4つに分けて投稿していきます!

 

Part1: アメリカでの学校生活

Part2: アメリカでのボランティア

Part3: ど定番のNY&LA旅行

Extra: 留学経緯&過程

 

今日はPart1のアメリカでの学校生活についてです。

 

Staff Nanamiのアメリカ留学①

 

 


環境🌲


 

<学外>

私が選んだ留学先は、ウィスコンシン州にある州立大学!

上の写真のようなTHE アメリカ!みたいな場所ではありません…😭

ウィスコンシンは超超超超田舎で、超超超超超寒い。

予想を越える田舎さと予想を越える極寒さ。

大学のキャンパスがアメリカンサイズのため学内で生活は事足ります。

しかし、近くの大きい町まで車で40分ほど。

アメリカの田舎で過ごすには、車が必須です。

私は、知り合いに頼みこんでいました(笑)

大学キャンパスを出ると下の写真のコーンフィールドが一面に広がっています。

ずーーーーーーーっとこの景色。

 

Staff Nanamiのアメリカ留学①

 

<学内>

とにかくキャンパス大きいし、楽しい。

大規模な寮、食堂、レストラン、カフェ、図書館、ジム、ボーリング場、映画館…!

学外に出ずとも、結構毎日楽しい思いしてました!

 

さて、ここで寮生活で衝撃を受けた事TOP3!!!

 

①トイレに裸足でくる

いや、足の裏めっちゃ汚いし、実際黒いけど大丈夫?って毎回思ってました。

 

②シャワー質素すぎ

いやもう刑務所。女子だけでも20人くらいいるのにシャワー3個だけ。毎回、裸で鉢合わせ。

 

③毎晩クラブしてる部屋がある

ノリノリな事は良い事だけど、流石にうるっせえよおおおおお!ってなってました。

 


勉強✏️


 

私は、大学の交換留学プログラムでアメリカへ派遣されました。

アメリカの留学先大学では、心理学やマーケティング、犯罪学など履修していました。

アメリカならではの授業が取りたく、軸のない履修になってます(笑)

 

特に面白かった授業は、犯罪学です!実際の警察官がゲストで来てくれたり、

FBIの講演会も開かれたり、、、めっちゃ面白かったです。

勉強量でいうと、毎日受験生してるくらいの感覚です。

というのも奨学金をもらっていた為、単位は絶対に落とせない状況でした。

(指定された平均点を下回る成績だと数百万の奨学金返済コース…)

そのため、毎日”勉強、勉強、勉強”。めっちゃ勉強しました。

とにかく課題が多かったため量>>>>>質の勉強をしていました(ダメなやつ…!)

アメリカの大学は卒業することが難しい、またGPAが将来を左右すると言われているため、

現地の学生はかなり勉強している人が多かったです。

彼らと一緒になって図書館に深夜まで入り浸っていました。

 

 


食べ物🍔


 

いやあ、最初は食べ物慣れませんでした。

特に食堂のご飯は、謎の料理多いし、味付け少ないし、野菜はめっちゃ傷んでるし、、、。

唯一ストレスなく食べられるものと言えば、ジャンクフードとアイスクリーム。

この二つはまじで美味しかったです(笑)おかげで+7kg達成。

食堂はこの有様なんですが、レストランやカフェが充実していたので、

超本格的な美味しすぎるハンバーガーやピザ、サンドウィッチを食べる事ができ、幸せでした。

美味すぎるハンバーガーは、もうあと10回だけで良いから食べたいです。

 

 

留学先大学の様子はこんな感じでした!

次は、学期の間の休暇中に参加したアメリカでのボランティアについてお話しします!

 

それでは!またね~👋

 

CLEAR

OTHER POSTRECENT JOURNAL

UPDATE
GUEST GALLERY SEPTEMBER 2020
READ
ARROW

25.Sep,2020

DIARY

み○わ屋スタッフShu 花と「ホステルデート」